平成27年度 福島赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
※この指標は平成27年度に当院を当院を退院された患者様を対象に集計しております。

※患者数が10件に満たない項目に関しては"-"(ハイフン)で表しております。
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 268 152 167 338 469 498 1075 1317 1276 327
この指標は当院を退院した患者様の年齢を10代ごとの階級で示しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
□この指標は診療科別に症例数の多い上位3つのDPCコード※について、患者数と平均在院日数、転院率、平均年齢を示しております。
それぞれの診療科がどのような疾患を多く取り扱っているかを表しています。

※DPCコード‥「Diagnosis(診断) Procedure(行為) Combination(組み合わせ)」の略で、厚生労働省が定めるDPC支払制度の診断群分類コードのことです。 診断病名と入院中に行なった手術や処置、患者さんの状態によって分類し、14桁のDPCコードを決定します。 当院ではこのDPCコードにより診療報酬の請求を行なっております。

□DPCコードは入院中に行なった手術・処置等すべての行為や病名を加味して決定いたしますので、同じ病名に対して同じ手術を行った場合でも、その他の処置や副傷病名により別のコードになる場合があります。よって、例えばある手術において、表示されている件数が当院でのすべての件数とは限りません。

□患者用パスに関しましてはただ今準備中です。

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 95 16.56 14.34 4.21% 71.49
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 76 21.12 15.35 2.63% 62.63
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 24.76 21.69 17.65% 84.96
肺炎、誤嚥性肺炎はがん、心疾患、脳疾患に次いで日本人の死因の第4位に挙げられております。一方糖尿病患者は年々増加して予備軍を含めると1000万人を超えております。糖尿病は肺炎や動脈硬化の危険因子であり早期のうちから対応が必要です。当院ではこれらの疾患で入院する患者様が年々増加しております。肺炎・糖尿病と一口に言っても原因も治療もそれぞれ異なるため個々の症例に応じたオーダーメイドの治療を心がけております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 66 5.36 5.72 0% 2.67
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 13 4 5.5 7.69% 1.85
030270xxxxxxxx 上気道炎 12 5.25 4.83 0% 1.83
入院患者様の多くは呼吸器系消化器系の感染症です。
院内感染防止のため面会をお断りすることもありますが、早期退院できるよう治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 7.47 9.68 0% 23.31
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 32 8.66 7.84 0% 59.59
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 28 15.46 21.39 3.57% 71.32
※平成28年度より、外科と呼吸器外科に分けて標榜しているため両方の解説を掲載いたします。
【外科】
外科は消化管を中心に、その他、乳腺、甲状腺の手術を施行しています。
ヘルニアの手術を多く実施していますが「短期滞在手術」に該当するため、診断群分類別患者数には計上していません。ヘルニアの手術以外では腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術、虫垂切除術、胃の悪性腫瘍に対する切除術の実施件数が多くなっています。平均在院日数はどの疾患も全国平均とほぼ同等となっております。
【呼吸器外科】
福島市および周辺地域において呼吸器外科の救急を預かる当科の役割として、緊急入院処置を必要とする気胸(自然気胸、続発性気胸、外傷性気胸)に対する処置、手術が多くなっています。肺癌の手術は年間50例程で、最近は高齢化に伴い80歳以上の手術症例が増加しております。また、肺癌に対する抗がん剤治療や緩和療法も数多く手がけております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 132 26.94 28.7 59.85% 82.5
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 49 26.24 24.95 24.49% 67.94
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 40 18.95 21.52 17.5% 81.85
人口の高齢化に伴い、高齢者の外傷・変性疾患の数が増加しています。なかでも、大腿骨の近位部骨折の症例数は最も多く、大多数が手術(骨接合術、人工骨頭置換術)を行っており、合併症の予防目的に可及的早期に対応し良好な成績を上げています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 77 17.51 18.08 53.25% 73.16
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 6.12 7.52 11.63% 52.81
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 6.2 10.02 7.5% 72.18
当科では「脳疾患患者様は全て受け入れる!」ことをモットーにしています。脳卒中センターがあることから脳梗塞の患者様が多く、また外科・整形外科と連携しながら多くの頭部外傷患者様にも対応しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 19.53 18.3 5.26% 84.26
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 26.14 18.74 14.29% 68.86
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 5.99 - -
当科では閉塞性動脈硬化症・腹部大動脈瘤・大動脈解離などの動脈系疾患、静脈瘤や深部静脈血栓症などの静脈疾患ならびに弁膜症や狭心症などの心臓疾患を診療しており、特に末梢頚動脈疾患の治療に力を入れて診療を行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 6.36 6.17 1.18% 0
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 67 6.33 6.5 0% 43.33
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 62 7.76 6.34 0% 42.66
正常な妊婦の周産期管理及び合併症のあるハイリスク妊婦の周産期管理を他科と連携し行っております。
安心・安全で満足頂けるお産となる様努めております。
新生児集中治療室での治療を要しない、新生児の入院治療も行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 22 7.05 7.76 0% 57.18
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 5.53 5.53 0% 32.24
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 15 6.67 8.2 0% 14.27
手術を目的とした入院では、鼻・副鼻腔や扁桃の炎症性疾患によるものがメインになっています。また、咽頭痛、めまい、顔面神経麻痺、急性難聴などの救急疾患による入院を多く受け入れています。いずれも1週間程度の入院期間です。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 18.13 15.8 36.71% 76.24
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 44 3.7 5.31 0% 68.66
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 7.42 7.03 0% 62.37
神経内科では脳・脊髄・末梢神経・筋疾患といった多岐にわたる疾患を治療します。
脳梗塞については脳神経外科と連携し、t-PA投与による超急性期血栓溶解療法を含めた入院治療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 12.93 11.97 14.29% 67.43
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.97 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.64 - -
水虫から細菌感染を起こして足が腫れ、熱が出るといった場合が急性膿皮症に当てはまります。抗生物質を飲みながら外来通院で治療することも多いですが、歩くことが困難なときは入院治療も選択肢です。高齢者では、細菌感染が治っても、安静の影響で歩行に不安が残ることもあり、転院してリハビリに励んでいただくこともあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 143 4.62 4.87 1.4% 68.49
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 123 3.29 3.07 0% 65.91
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 24.24 18.3 3.03% 81.7
狭心症や心筋梗塞などの虚血性疾患に関しましては開業医の先生方からの御紹介を多く頂き、心臓カテーテル検査および治療件数が毎年増加しております。
また、当院は循環器疾患の救急搬送数が多く、中でも心不全の患者数が増加しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 14.35 10.93 5% 72.9
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 27 9.56 9.2 0% 74.44
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 20 4.55 4.53 0% 52.35
当院は腹痛などによる救急搬送患者も多く、近年、総胆管結石、胆管炎の症例数が増加しています。消化器内科では消化器疾患を広く診療しており、早期胃癌、食道癌、大腸癌については内視鏡的粘膜下層剥離術を施行し、症例数では早期胃癌の症例数が最も多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 40 11 13 27 - - 1 7
大腸癌 - 10 23 78 - - 1 7
乳癌 - 12 10 - - - 1 7
肺癌 37 30 - 32 11 - 1 7
肝癌 - 27 - - - 19 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは発症症例数が多いとされる胃癌・大腸癌・肺癌・乳癌・肝癌のことを指します。
UICC(国際がん連合)が定めた腫瘍の病気分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、癌の進行の程度を表す為に作られたのがStage分類です。
この指標は当院が入院治療行った5大癌のStage分類毎の患者数を示しております。外来化学療法の件数は含まれておりません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 22 12.09 51.59
重症度 1 45 16.6 80.82
重症度 2 34 18.32 81.85
重症度 3 17 23.12 82.82
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを指します。
重症度は「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度(SpO2)」「血圧」の結果、及び「意識障害」「免疫不全状態」「肺炎重症度規定因子」を基準に沿って評価し、その結果を合算したものになります。評価数値が高ければ重症となります。
この指標は、重症度別に当院で治療を行った市中肺炎の患者様(20歳以上)の人数・入院期間・年齢を示しております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 16 5.13 74.13 0%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 264 21.89 74.92 43.52%
その他 37 18.16 76.08 5.65%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 11 5.36 68 0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞または狭窄のため脳虚血をきたし、脳組織が酸素または栄養の不足に陥り壊死に近い状態になることを指します。
この指標は、発症日の違い(急性期、慢性期)による転院率、入院期間の違い等について示しております。

※ICD-10‥死因や疾病を分類するための国際的な病名分類コードです。死因統計や医療機関における診療情報管理に使用されます。
また、DPC支払い制度では、支払いコードを決定する病名としても利用されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
□この指標は診療科別に行なった手術の上位3件を示しております。
手術はKコードという診療行為のコードで表されています。

□患者用パスに関しましてはただ今準備中です。

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 55 1.76 4.96 1.82% 65.36
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 32 2.91 7.88 0% 73.28
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 10 4.1 7.6 0% 74.8
当院では肝疾患や心疾患の患者様を多数診療しております。これらの疾患によって胸水や腹水が貯留することが多く、その際は入院治療となります。胸水や腹水を取り除いてその分の蛋白を補給する治療が必要です。当院では患者様から胸水や腹水を採取して、そのタンパク成分を濃縮してご自身へ再注入する「胸水・腹水濾過濃縮再静注法」を積極的に行っております。
そのほか脳血管の動脈瘤や、腹部血管で栄養される肝臓がんの栄養血管をカテーテルで塞栓する、患者様に負担の少ない治療の「血管塞栓術」、胆石を内視鏡で患者様の負担が少ないように治療する「内視鏡的乳頭切開術」を積極的に行っております。
いずれの治療も、患者様の身体的な負担が少ないように心がけております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 82 1.34 2.7 0% 62.62
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 47 3.62 5.06 4.26% 33.32
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.33 5.88 0% 60.05
※平成28年度より、外科と呼吸器外科に分けて標榜しているため両方の解説を掲載いたします。
【外科】
外科はヘルニアの手術、腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術、虫垂切除術が多くなっています。
ヘルニア手術の入院期間は術前1日、術後3日の5日間となっています。
腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術の入院期間は術前1日、術後6日の7日間となっています。
虫垂切除術の入院期間は術後5日間となっています。
【呼吸器外科】
当科での年間呼吸器外科手術数は140例程で、約8割を、完全胸腔鏡下ないし胸腔鏡補助下(肋骨切開せず10cm以下の小開胸で)行っています。従来の肋骨切離による開胸手術に比較して疼痛・ストレスが少なく、在院期間も短く高齢者でも可能です。最も手術件数が多いのは気胸に対する胸腔鏡下手術、次いで肺癌に対する胸腔鏡下手術となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 108 3.51 21.48 50.93 81.2
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 97 1.94 27.97 17.53 70.91
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 55 3.42 17.42 7.27 65.49
高齢者の外傷・変性疾患に対する手術が多く、大腿骨近位部骨折に対する人工骨頭置換術・骨接合術は年間100例以上行っています。又、当院は関節外科医が2人いるため、人工股関節・人工膝関節置換術も年間100例近く行っており良好な成績をあげています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 0.21 7 10.34 74.21
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 16 1 29.13 43.75 61.88
K1781 脳血管内手術 1箇所 16 0.13 24.19 37.5 61.5
くも膜下出血の原因である脳動脈瘤に対して当院では、脳動脈瘤頸部クリッピング手術(開頭手術)と脳血管内手術(カテーテル手術)両方の手術を施行しています。患者様の状態や動脈瘤の形状などを総合的に判断し選択しています。
脳梗塞に対しても、脳血管内手術を導入して以降、非常に良好な治療成績が得られています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 14 0.07 2.07 0 61.57
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの - - - - -
当科で手がけている手術の、件数が多いものから上位3つは下肢静脈瘤手術 抜去切除術、四肢の血管拡張術・血栓除去術、冠動脈、大動脈バイパス移植術(人口心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの となっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 113 1.31 4.06 0% 40.96
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 42 1.29 7.14 0% 45.07
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 41 5.05 8.95 0% 35.32
近隣医療施設と連携し、良性疾患から悪性疾患まで幅広く対応しております。
患者様のQOLの向上のため、腹腔鏡・子宮鏡による低侵襲手術を積極的に取り入れ、また、入院期間の短縮にも努めております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 21 1 4.81 0% 15.38
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 19 1 5.05 0% 57.95
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 12 0.67 4.75 0% 37.83
扁桃摘出術や内視鏡下鼻内手術が多いですが、悪性腫瘍疾患をのぞいてその他の手術も随時受け入れています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 119 3.33 3.34 1.68% 69.36
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 48 0.13 13.63 2.08% 71.1
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 22 0 22.05 9.09% 65.59
当院は安定狭心症、不安定狭心症や急性心筋梗塞の患者数が多く、経皮的冠動脈ステント留置術の件数が増加しております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 134 1.07 1.13 0 66.21
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 37 5.19 10.84 10.81 70.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 4.86 20.64 4.55 80.59
短期入院での内視鏡的大腸ポリープ切除術が最も多くなっていますが、早期胃がん、食道がん、大腸がんに対しては内視鏡粘膜下層剥離術を行っています。内視鏡的乳頭切開術は総胆管結石や悪性疾患に伴う閉塞性黄疸に対して行っており、悪性疾患による胆道閉塞に対しては乳頭切開術後にステントを留置し、QOLの向上をはかっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 10 0.17%
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.54%
異なる - -
この指標は、医療の質を改善をすべく、播種性血管内凝固症候群・敗血症・その他の真菌感染症・手術・処置等の合併症に対して、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)との同一性の有無を区別した上で症例数と発生率を示しております。
手術・処置等の合併症の内訳は、術後感染症・人工股関節脱臼・人工股関節のゆるみ・人工膝関節感染など。
更新履歴
2016/9/29
病院指標ページを公開いたしました
2016/12/26
各診療科の解説文を変更いたしました