新人看護職員研修(教育体制・プログラム)

教育理念

 福島赤十字病院および看護部の理念に基づき、患者のQOLの向上を目指した質の高い看護サービスの提供と、組織に貢献ができる看護職員を育成する。そのため、個々の学習ニーズと主体的な目標を尊重し、キャリア開発を行い、それらをとおして専門職業人としての成長・発達を支援する。また、知識・理論・実践が統合できるよう臨床環境を整える。
 さらに、看護実践をとおして、自らが能力開発を行い、それらを臨床で発揮できるように支援する。

看護師研修

看護部が求める看護師像

時代の変化に即応した、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。

  • 看護部組織の一員として役割・責務を果たすことができる。
  • 医療チームの中で看護の専門性を尊重しながら、自律した看護ができる。
  • 質の高い看護ができるよう自己啓発できる。
  • 赤十字活動について理解し、災害救護活動ができる。

教育目標

  • 1.人道・博愛の精神に基づき、個人を尊重し、共感を持って人々と関わることができる態度を育成する。

  • 2.キャリア開発ラダーの目標に基づいて

    • a.) 臨床実践・教育・管理に必要な知識・技術・態度に関する学習の環境と機会を提供する。
    • b.) 常に自己の成長を目指し、自律して思考し行動できる能力を開発・育成する。
    • c.) 理論と実践を統合し、質の高いケアモデルを具現化できるような組織およびリーダーを育成する。
    • d.) 臨床指向の研究を支援するとともに、研究・実践の連携を図る。
    • e.) 赤十字の看護職員として救護活動ができる態度・能力を開発・育成する。

教育体制

プリセプター教育
プリセプターシップ
「プリセプターとプリセプティー(新人)を看護職員全員でサポートし、職場への適応と看護技術の習得を支援します」
*新人看護職員研修制度に基づき、入職後1年間を研修期間とした教育体制を整えています。
*各部署では、プリセプターシップを基本に、スタッフ全員が看護実践能力の習得や職場への適応を支援します。
*シャドウ研修を導入しカルガモ研修と名付けています。先輩看護師に同行し、ベッドサイド看護や種々の業務への対応について、まず「見ることから体験・学習」します。

1年目の研修プログラム

  • 就業前研修(移動・移送、ポジショニング、保清等)・・・自由参加です。
  • 新採用者オリエンテーション
      看護基礎技術演習
      (感染対策、清潔の援助、食事補助・口腔ケア吸引・酸素吸入、バイタルサイン測定、採血・血管確保等)
  • 看護技術確認(血管確保フォローアップ)
    • 夜勤業務について
    • 医療安全について(薬剤、医療機器、転倒転落対策等)
  • 終末期の看護
  • フィジカルアセスメント
  • ストレス対処法、急変時の看護
  • 接遇、感染対策、看護記録についての確認
  • ナラティブ事例の発表会
  • 多重課題、1年の振り返り
       
看護師の写真3

トップページ