TEL024-534-6101
文字サイズ
Japanese Red Cross Society

看護部

ともに学び、ともに成長し、
ともに働けることが私たちのよろこび

福島赤十字病院は県北地域の中核病院として救急医療をはじめ、地域医療機関との連携のもと地域医療を担い、また日本赤十字社の使命である災害救護活動をはじめ災害拠点病院としての役割が期待されています。そのため、全職員が専門職としての意識を高くもち、実践のための研修・訓練を行っています。

私たちは「高い倫理観をもち、安全で質の高い、こころ温まる看護の提供に努めます」を理念に掲げ、患者さん、ご家族が「ここで看てもらってよかった」と感じていただける看護サービスを提供することを目指します。

一人前の看護師となるために、ぜひ私たちとともに歩んでいきましょう。

福島赤十字病院 看護部長會澤 英子

POLICY
基本方針

私たちは高い倫理観を持ち、
安全で質の高い、
心温まる看護の提供に努めます。

看護部の行動目標

人を大切にします

看護サービスの提供は、患者さま一人ひとりの人権と個別性を尊重して行います。

良く説明します

インフォームドコンセント(適切な情報に基づく本人の意思決定)を大切にし、提供する看護については同意を得ながら行います。

笑顔で接します

看護師として心身の健康の保持増進に努め、品性と接遇マナーもって応対します。

一緒に看護します

患者さまの生活の質向上を図るために、患者さんにとって重要なご家族のサポートを行うよう努めます。

学習に励みます

質の高い看護を提供するため、自己研鑽に励みます。