TEL024-534-6101
文字サイズ
Japanese Red Cross Society

検査部

  1. HOME
  2. 部署紹介
  3. 検査部

当院の検査部は、血液や尿、便、体液(胸水・腹水・髄液など)等、患者さまの体から採取した材料(検体)で検査を行う検体検査【臨床検査課】、患者さまの体を直接検査する生理機能検査【生理検査課】、患者さまの体の細胞や組織を採取して診断を行う病理検査【病理検査課】の主に3つの検査室に分かれています。

これらの検査はいずれも、臨床検査技師という国家資格を持った技師が行っております。

臨床検査課

検体検査の中でも検体の種類に応じて、生化学検査・血液検査・免疫血清検査・輸血検査・細菌検査・一般検査(尿検査)等、各専門分野に分かれて検査を行っております。

検体検査は隣接している採血室から血液検体を運び、また病棟から提出された検体も含め、各部門ごとに迅速に検査結果を報告できるよう努めています。

生理検査課

生理機能検査では、心電図検査(安静時・負荷)、肺機能検査(肺活量など)、超音波検査(心臓・血管(頸部・下肢)・関節・腹部)、脳波検査、ABR(聴性脳幹反応)、MCV(運動神経伝導速度)、SEP(体性感覚誘発電位)、ABI(血圧脈波検査)、簡易型PSG(睡眠時無呼吸症候群検査)等、さまざまな種類の検査を行っております。

患者さまの体に痛みを伴わない検査であり負担もほとんどかかりませんが、検査によっては時間がかかるものもありますのでどうかご理解ください。

また、肺機能検査において、正確な検査結果を得るためには患者さまご自身の努力が必要不可欠となりますので 、検査の際は検査技師の説明に従って出来る限りの協力をお願い致します。

  • 腹部エコー検査は内視鏡室にて行っております。

病理検査課

病理検査には、病理組織診と細胞診があります。

病理組織診

病理組織診検査では、生検や手術材料から、顕微鏡下診断が出来るようにスライド標本を作製し、どのような病気で、良性腫瘍なのか悪性腫瘍(癌)なのか、また、どのくらい広がって、どのくらい深く潜っているのかを診断しています。

生検材料は、胃カメラや気管支鏡、大腸ファイバーなどの内視鏡下で採取した1mmほどの小さな組織片をホルマリン固定し、パラフィンで固めて1〜3μの厚さに切った切片をスライドガラスに貼り付け、細胞の核や細胞質を染め分ける染色をして標本にします。

出来上がった標本は、病理医(病理認定専門医)によって診断がなされます。

細胞診

細胞診検査では、喀痰や尿、婦人科材料(スメア)、胸水、腹水などに含まれる細胞を集め、パパニコロウ染色という特殊な染色で染め分け、正常な細胞かどうかを顕微鏡下で診断しています。

癌細胞検出という重要な検査を細胞検査士、病理医で行っております。

採血室

採血室では診療開始前の午前8時30分から採血を行っております。

午前中は基本的に看護師1名と臨床検査技師2名の計3名で採血を行っていますが、それに加えて朝の混み合う時間帯には1〜2名が入り、なるべく患者さまの待ち時間を少なくし、診察に間に合うよう努めて採血業務を行っています。

午後1時以降は臨床検査技師が採血を担当しております。
また、採尿(尿検査)の受付も採血室で行っております。受付後に採尿コップをお渡ししますので、採尿のある方は採血室へお越しください。